フォーラムなど企画(2019年)

2019年7月27日/日本市民安全学会/小田原
[主催]日本市民安全学会

[内容]歴史探訪 in 小田原「二宮尊徳&小田原城」
~コミュニティ改革の作法と不落城の危機管理(90年統治存続の秘訣)~

1.報徳博物館
仕事と勉学の両立の象徴として、二宮金次郎の薪を背負い書物を読んでいる像は有名です。
その金次郎の故郷である小田原を訪ねました。
二宮尊徳の報徳思想(私利私欲に走るのではなく社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されるという思想。勤労・至誠・分度・推譲などから成る。)と生い立ちや業績を紹介する博物館。
7月21日に展示室がリニューアルされたばかりで、明治天皇が大切されていた「二宮金次郎像」(岡崎雪聲作:明治神宮蔵)が特別展示されていました。
金次郎は、江戸末期の人口減少・財政破綻の厳しい時代に、報徳思想をもって、数々の逆境に立ち向かいながら、小田原藩はじめ桜町領などの財政再建、東北地方の開拓に多大なる功績を挙げ、その後の日本の大企業の創業者達にも大きな影響を与えたことを詳しく教えて頂きました。二宮尊徳は「道徳を忘れた経済は、罪悪である。経済を忘れた道徳は、寝言である。」との名言を遺しています。


2.小田原城
難攻不落の城として有名ですが、北条氏の時代には上杉謙信や武田信玄が攻めてきても陥落しなかったそうです。地元のガイドの方の説明によれば、お堀の水面下にある「障子堀」という落とし穴のような構造や、塀で囲まれた空間で敵に足止めさせて壁の穴から矢や鉄砲で攻撃する仕掛けなど、随所に城内への侵入を多重に防護する知恵が組み込まれたお城であると解説していただきました。
小田原城は白い城ですが、松本城や熊本城などの黒い城もあります。その違いは諸説あるようですが、豊臣秀吉は金が好きで、それが目立つ黒を多用したという説をお話していただき、少し納得した面々でした。

2019年6月29日/日本市民安全学会/有楽町国際ビル8F・日本倶楽部
[主催]日本市民安全学会


[テーマ]平成時代の安全安心を振り返って ~ 第2回クロストーキング~

昨年末に行われた第1回に引き続き、全員参加のクロストーキング形式で、学会会員の皆様に自由に語っていただきました。前回に引き続き、堀内裕子氏の司会により進められました。



法学系の博士学位の取得方法について(日本大学法学部助教 西山智之氏)

法学系の大学院における博士号の取得について、博士論文を書く手順や審査方法等を、実体験に基づきお話ししていただきました。現在は博士号の取得方法として、大学院の博士後期課程(博士課程)を修了し取得する「課程博士」と、課程への在籍を問わず論文を大学に直接提出し取得する「論文博士」の2つの方法があるとのことでした。今後は博士号の取得方法としては大学院の博士後期課程を経た「課程博士」が主流となっていくのではないかというお話でした。


シンガポールはなぜ安全なのか (シニアライフデザイン 堀内裕子氏)

観光客の目線では感じ取ることができない、真のシンガポールについてお話ししていただきました。非常に安全な国ということで、夜でも子どもが歩けたり、飲食店でテーブルにケータイを置いて場所取りをしても大丈夫だったりと、治安はいいようです。それもそのはず、至る所に大量のカメラが取り付けられており、すべての行動が把握されているようです。さらに、SGセキュアという仕組みで、市民の目で防犯が成り立っており、アプリを使って市民が通報できる仕組みもあるそうです。ただし、凶悪な強盗や強姦は少なくないとのことです。また、街中に高級車の自動販売機があるそうで、その場でクルマが買えるという驚きの街とのことでした。

教師を育てる仕事 (神奈川大学特任教授 鈴木英夫氏)

中学・高校の社会科教師や校長を務め、現在は大学で教師志望の大学生を指導されています。今回は、学校における教育の在り方、社会科教育法についてお話ししていただきました。子供が好きというだけで先生になろうとする考え方は、ある意味で危険であり、子どもたちが成長する姿を見るのが好きというスタンスが大切であるとのことでした。また、定時制高校などにも従事された経験から、生徒たちの気持ちに寄り添った授業の進め方を考えるようになったとのことです。頭ごなしに叱りつける方法ではなく、子どもたちの良い気づきに出会ったときは、素直にほめることも大事であるとのことでした。

街の中でのピクトグラム(アイデア・ギルド代表取締役 鈴木肇氏)

安全・安心のためのマークとして、さまざまな所でのピクトグラムやキャラクターのデザインついてお話ししていただきました。文字は世界に様々ありますが、ピクトグラムやキャラクターは、世界共通で大体が視覚伝達され、認識されやすくなっています。神奈川県県内を中心に、駐車場や球場、商店街などで目に留まりやすいデザインとして作成されています。文字のフォントについても気を配られていて、明朝体よりゴシック体の方が遠くから見たときに認識しやすいそうです。その意味からも交通標識に使用されているとのことです。

ネットショッピングについて~ネットショッピングを楽しく利用するために~ (消費生活コンサルタント 木村嘉子氏)

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会の一員として、消費生活コンサルタントとして活動されているとのことです。最近の活動のひとつの中から、安全・安心にネットショッピングをするためのポイントをわかりやすく解説していただきました。購入しようとするサイトの安全性、連絡先や返品についての記述があるかどうか、通信販売にはクーリングオフ制度がないために、返品についての記述が重要とのことです。近年では、ネットで買い物をすることが普通に行われるようになっており、安全性についてのチェックがおろそかになりがちです。頭の中で“ちょっと待って”と確認する姿勢が大切とのことでした。

日本公衆電話会の活動と「こども手帳」作成秘話 (日本公衆電話会 田島敏明氏)

地域の安全・安心に貢献するために活動する中で、子どもたちの安全・安心の意識付けのための小冊子の作成および配布を行っているとのことで、今回は「こども手帳」や「ネット安全ガイドブック」についてお話ししていただきました。前者は小学生向けとして、後者は中学生向けとして作成されており、生活するうえで自分の身を守る方法について具体的な事例を交えながらまとめられているとのことです。また、ケータイやスマホしか知らない子どもたちに、いざという時のための公衆電話の使い方を教える勉強会などを開催しており、その活動についてもお話ししていただきました。

社会的な免疫をつくれないか? (東京工業大学教授 西田佳史氏)

子どもにまつわる事故は枚挙にいとまがありません。これまで行われてきた調査研究についてお話ししていただきました。ベビーチェアを普通に使っていたのに死亡事故になった事例や、野外保育中に墓石が倒れ死亡に至った事例など、現場の人が頑張るだけでは事故は予防できません。一方で、日々、新たに生み出される対象に対するリスクに関して、非常にうまく対応している仕組みとして、体内の多種多様な白血球を中心としたエコシステムである「免疫系」があります。人工知能やIoT技術を活用することで、ある種の免疫系を社会的な仕組みとして作り出し、日々、新たに生み出されるリスクを扱うことが可能な時代が来ているとのことでした。

皇居勤労奉仕  (日本防犯設備協会特別講師 富田俊彦氏)

皇居内の清掃奉仕活動についてお話ししていただきました。あさま山荘事件の隊長の奥様が活動されていたことがきっかけで、この活動に参加されているとのことでした。「伊勢敬神団」の一員として、連続4日間の奉仕活動を行い、普段目にすることのできないパワースポットを清掃できる喜びを感じたそうです。最後に、昭和天皇陛下御製の歌を披露していただきました。

「戦いに 敗れしあとの 今もなお 民のより来て ここに草とる」

勤労奉仕団に対して、昭和天皇が感謝のお気持ちを詠まれたものとのことです。

-------

今回は、8名の会員に自由にお話していただきましたが、自然と安全安心に関することに話題が移っていくところが、日本市民安全学会らしいクロストーキングでした。短い時間で話題をまとめていただきましたが、もっと詳しいところまで聞いてみたい内容ばかりでした。

2019年4月6日/日本市民安全学会/有楽町国際ビル8F・日本倶楽部
[主催]日本市民安全学会

[内容]
1 警視庁技能指導官の技とこころ:被疑者車両割り出しの術
  警視庁鑑識課 田村彰氏(警視庁技能指導官)

いまや、犯罪に関わった車両の割り出しには、街中の防犯カメラに残された車両の映像が欠かせません。しかし、鮮明な画像が得られることは、ほとんどありえません。鑑識官の観察力によって、画像から得られたほんのわずかな車の特徴をつかみ、その車を運転もしくは同乗していた被疑者と考えられる人物の特定で検挙につなげているとのことです。ナンバーが映っていたとしても、偽造ナンバーであることが多く、全く違う人物を誤認逮捕してしまうことにもなりかねません。車両の特徴を積み上げて、外堀を埋める地道な手法が有効とのことでした。


2 明日の社会(Society5.0)にかける夢
 ~ドローン・電気自動車・自動運転車・空飛ぶクルマ~
  澤田雅之技術士事務所所長 澤田雅之氏
 (元警察情報通信研究センター所長)
最新のドローン技術と、最新の自動運転自動車の技術を組み合わせることで、将来的には空飛ぶクルマが実現するという夢のあるお話しをしていただきました。ラジコンヘリはコントロールが非常に難しいが、ドローンはあらゆるセンサーにより、空中の一点に留まるようにプログラミングされているので、操縦は難しくないとのことです。また、自動運転車は、現状では部分的に自動運転をするレベル2という段階ですが、将来的には完全な自動運転となるとのことです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * 
 田村氏の画像から車を見つける観察力という技術は、いわばディープラーニングの究極といった感じで、車の特徴データベースの積み上げと、わずかな映像から情報を読み取るものと言えそうです。また、澤田氏の自動運転車のお話では、車のフェイルを人がセーフするというレベル3は合理的ではないとのことで、非常に危うい段階であると感じました。こちらも画像情報等の積み上げによる、ディープラーニングと言えそうです。 

2019年3月16日/日本市民安全学会/朝霞駐屯地陸上自衛隊総司令部、陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」での研修
[主催]日本市民安全学会
[共催]警察政策学会、NPO浦安防犯ネット、ベイエリア連携の会
[協力]陸上自衛隊陸上総隊司令部


[内容]
私たち市民生活の安全安心に大きくかかわる日本の防衛について、陸上自衛隊朝霞駐屯地にお伺いし最新の状況を学びました。一般に開放されている「りっくんランド」とは別に、普段は入ることができない、陸上総隊司令部にて防衛講話をしていただきました。

防衛講話「陸上自衛隊の概要と改革、陸上総隊の概要と災害対処」
陸上総隊司令部 一等陸佐 大塚慎太郎氏


まず、陸上自衛隊の概要についてお話ししていただきました。
組織定数としては15万9000人で、駐屯地の数は160以上にもおよびます。時代とともに、社会および世界の情勢変化に応じて、主たる脅威は変わってきているとのことです。
さらに、2018年3月新設の陸上総隊は、全国の陸上自衛隊を統合運用するべく組織され、全国の師団・旅団も即応型に改編し、さらに島しょ部への対応力を確保するために、水陸機動団などが新たに創設されたとのことです。
最後に、災害派遣と首都直下地震への対応のお話もしていただきました。災害派遣では、さまざまな災害対応がある中で、離島からの患者搬送は毎日のようにあるとのことです。また、口蹄疫や鳥インフルエンザなどの対応も任務となっており、今年広範囲に発生した豚コレラにも対応しているとのことです。
首都直下地震の対応では全国から自衛官が集まるとのことですが、そんな中でも一部の部隊は国防任務をおろそかにすることがないように体制を整えているとのことでした。



振武臺記念館の見学
敷地内にある振武臺記念館は、旧陸軍士官学校の建物を移設したもので、戦前の士官学校での教育内容など各種資料、文物が展示されており、同館説明隊員の力のこもった説明(朝霞の地名の歴史、士官学校の創設や見学精神、服装、教育内容、卒業者一覧、振武臺の扁額(敗戦時、扁額を米軍から守るため地下に埋蔵)、米軍施設として使われた頃の状況など、昔の日本人の姿を学ぶ感銘の深い説明でした。

りっくんランド館見学
 最後に、りっくんランド館を見学し、陸上自衛隊の装備の実物の展示、ヘリコプターのシュミレーター飛行体験など朝霞駐屯地での現場研修を終えました。

2019年2月23日/日本市民安全学会/有楽町国際ビル8F・日本倶楽部
[主催]日本市民安全学会

[テーマ]
海洋が創る未来 海洋観光立国のすすめ
海洋観光研究所  中瀬勝義 氏
 世界第6位の広さの海域を持つ日本。この豊かな資源を活かした「海洋観光立国」の在り方についてお話していただきました。欧米では海でのレジャーは一般的で、ヨットやボートでの船旅も行われているとのことです。一方、日本には港がたくさんあるにも拘らず、一般の人が利用できるところは非常に少なく、それが海洋レジャーを阻害している要因のひとつではないかとのことです。また、現在、日本は自動車産業などの工業先進国であるが、このままの姿で中国や東南アジアの国々に太刀打ちできません。それ以外の“資源”を活用した方向性を打ち出すことが、いまの日本に必要とのことでした。農林水産業の発展によって自給率を向上させ、工業先進国からの転換を目指すことが、これからの先進国日本の立ち位置ではないかとのことでした。その前進のためにはヨーロッパの“バカンス”が不可欠と提案していました。そのことが幸福度世界第2位のデンマーク王国にも勝る民主的な立憲民主国天皇制日本国づくりになるのではないでしょうかとのお話でした。


2019年1月19日/日本市民安全学会/有楽町国際ビル8F・日本倶楽部
[主催]日本市民安全学会

[テーマ]
リアリズム国防論
元陸上自衛隊陸将補 河井繁樹氏
 昨年、彩図社から出版された「リアリズム国防論」の著者が、安全保障、災害派遣、日米同盟、国際平和協力活動等の国防の最前線に立ってきた経験に基づき、それぞれについて具体的に解説をされました。
①東西冷戦時代における北海道の最前線勤務の話では、ソ連にとっての北海道の戦略的価値や、ソ連の北海道侵攻を阻止するための自衛隊の戦い方や現場の隊員が緊張感をもって訓練に取り組んでいたこと

②中国の急激な軍事力の増強や太平洋進出のための活動の活発化等の安全保障環境の変化による自衛隊の組織改編や戦い方の変化
③我が国防衛上の日米同盟の重要性や米軍との信頼関係の構築の現場
④冷戦終結後の国際貢献のための自衛隊の国際平和協力活動では、実際に確認した中南米のハイチPKOやアフリカの最も新しい国である南スーダンPKOなどの現地の状況に触れ、国連にも評価されている派遣国住民の目線に立った日本らしい活動の実施現場
⑤さらには災害派遣に対する現場隊員の意識や被災者目線での活動
などについて、具体的な話を交えながら分りやすく説明がなされました。
 また陸上自衛隊で最も過酷な訓練と言われているレンジャー訓練での苦労話では、水と食料が制限される状況下で、道なき道を行進しながら降ってきた雨水をためて水分を取っていた経験や、すべての任務が終了して駐屯地の全隊員や家族などに迎えられる感動の帰還式の様子なども紹介されました。

*  *  *  *  *  *  *  *
 会員の皆さんにとっては、日頃目にすることのない防衛の最前線での話を聞くことができて、防衛省・自衛隊や安全保障に関して関心が高まったのではないでしょうか。